軽自動車

軽自動車がオススメの理由(その4)

 

軽自動車は安全性にも不安なし!

 

私が免許をとりたてのころ(20年くらい前の話になりますが…)、「軽自動車は事故を起こしたときに危ない」と言われていたものです。

 

しかし、現在ではクルマの安全技術が進歩したおかげで、そもそも事故が起きないようなさまざまな装備が充実してきています。

 

軽自動車もその例に漏れず、ボディサイズが小さいといえども、登録車と同等の衝突安全基準をクリアしています。

 

最近では、義務化よりも先に横滑り防止装置を標準装備しているクルマも登場してきました。

 

また、レーザーセンサーによる衝突回避ブレーキシステムを搭載したモデルも増えています。

 

さらに、このところ問題になっているのが、衝突時の歩行者の保護性能です。

 

こちらに対しても、軽自動車は対応しており、万が一の事態が起こった場合への配慮もしっかりとなされています。

 

軽自動車の安全性に不安があったのは、もう過去のこと。

 

今では、一般的なクルマと同等以上の安全性が確保されています。

 

 

 

軽自動車がオススメの理由〜まとめ〜

 

軽自動車は、日本独自のクルマとして進化を遂げてきました。

 

軽自動車には規格にさまざまな制約がありますが、だからこそ各メーカーがしのぎを削ることで完成度を高めてきたと言えるでしょう。

 

もともと軽自動車は日本専用のモデルですから、日本国内の事情に非常にマッチしています。

 

コンパクトで小回りのきくボディは、日本の狭い道にも対応して生まれたものです。

 

毎日気兼ねなく使える軽自動車は、日本人の「日常の足」としてピッタリの能力を持っているクルマなのです。

 


 
トップページ