軽自動車

軽自動車がオススメの理由(その1)

 

質感が高まったことでファーストカーとしても使える!

 

最近の軽自動車は質感が高まっており、登録車であるコンパクトカーと比べても上質感で上回る車種も増えてきています。

 

エクステリア・インテリアともに、質の高さはもちろんのことですが、個性を主張することによって、他のメーカーとの差別化を図ろうという戦略があります。

 

特にインテリアにおいては、シートにクッション性を持たせたり、手触りを良くするなどといった部分にも力を入れています。

 

このように、従来のように前席だけではなく、後席を含めたすべての座席において、快適性が高まっている傾向が見られます。

 

また、小さい排気量ながらも、各メーカーの最新のメカニズムを搭載することによって、走りについても質が向上しています。

 

これらのことを総合的に見ていけば、軽自動車はセカンドカーとしての使い勝手の良さとともに、ファーストカーとしての用途で利用しても違和感はなくなったと言えるでしょう。

 

 

 

車種のバリエーションが豊富で選ぶ楽しみも!

 

近年の傾向として、各車種とも、標準モデルだけではなく、専用のエクステリアアイテムを装着したカスタム系のモデルや、ターボエンジンを搭載したグレードもラインアップしていることが多くなっています。

 

このことによって、規格が厳密に決められている軽自動車でありながらも、ユーザーの幅広いニーズに対応できるようになりました。

 

これは、日本人の価値観の多様化が大きな要因の1つと考えられるでしょう。

 

当然のことですが、従来型のクルマを求めている層は、引き続き多数存在しています。

 

しかしこれに加えて、「クルマについても他の人とは違うものが欲しい」「自分の個性を表現できるクルマが欲しい」という欲求を持つ層も存在するようになってきたということも紛れもない事実です。

 

このようなユーザーの志向の変化が起因になってはいますが、軽自動車にもバリエーションの豊富さが求められてきたわけです。

 

結果としてユーザーにとっては、自分に合った1台を捜すことができる楽しみが増えたことにつながっています。

 


 
トップページ