軽自動車

超ハイルーフタイプ(その2) | タイプ別オススメ車種

 

スズキMRワゴン

 

デザインは個性的でも中身はマジメ

 

個性的でシンプルかつモダンなデザインが特徴の1つであるスズキMRワゴン。

 

ワゴンRが本流だとすれば、MRワゴンは内外装の質感を高めたスペシャリティモデルという位置づけになります。

 

しかし、低南飛な新型エンジンやCTVを採用するなど、基本性能はしっかりしています。

 

特筆すべきは、リアシートの広さです。

 

軽自動車ながら、足を組んでくつろぐことができるのは、注目すべき点です。

 

 

オススメグレード:X タッチパネルオーディオ装着車

 

上級シリーズのウィットもラインナップされていますが、標準ボディにノーマルエンジンを組み合わせたXがベストと考えます。

 

お買い得ながらも、快適装備が充実しています。

 

 

 

ダイハツムーヴ

 

とどまることなく進化する定番モデル

 

ダイハツムーヴは、ハイルーフタイプの軽自動車の中ではワゴンRと人気を二分する定番モデルです。

 

他のクルマとは一線を画す流線型のボディが特徴的ですね。

 

使い勝手の良さも、人気の一因と言えるでしょう。

 

加えて、最新の安全装置やエコ技術を積極的に投入しており、未だ進化を続けています。

 

走行安定性と乗り心地のバランスが良く、セダン感覚でも使うことができます。

 

 

オススメグレード:X・SA II

 

さまざまなグレードを用意していますが、その中でも、プッシュボタンスタートなどを備え、安全装備を充実させているX・SA IIがベストチョイスでしょう。

 

ただし、坂道などが多い地域では、Xターボ SA IIを検討してもいいかもしれません。

 


 
トップページ