軽自動車

ハイルーフタイプの軽自動車とは?

 

ハイルーフタイプの軽自動車は、その名の通り天井が高いタイプのクルマです。

 

スズキのワゴンRの登場から爆発的な人気を得て、その後の軽自動車のイメージを一新した立役者と言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

ハイルーフタイプの特徴

 

  • 天井が高いことから、必然的に車内空間が広くなっています。
    大人が4名で乗車してもゆったり座ることができるスペースが確保されています。
  •  

  • 後席にスライド機構を採用している車種では、後席の空間と荷室の広さが両立できるようになっています。
  •  

  • 多彩なシートアレンジが可能な車種が多く、用途に合わせた使い方ができます。
    このシートアレンジを活用すれば、大きめの荷物であっても余裕を持って積むことができます。
  •  

  • 小さいボディでありながらも、空間を有効活用し、スペースを無駄なく使えるようにしている収納が充実しています。
    例えば、助手席の下に収納スペースが用意されているなど、さまざまな工夫が凝らされています。
    これらのことや、シートアレンジの点も含めて、実用性が抜群と言っていいでしょう。
  •  

  • ほどよい車高のため、走行安定性は良好ですから、安心して運転することができるでしょう。

 

 

 

ハイルーフタイプがオススメの人は?

 

全般的に、非常に使い勝手がいいように仕上げられています。

 

ですから、パーソナルユースからファミリーユースまで、さまざまなニーズに対応することができるでしょう。

 

また、各メーカーも主力としている車種はこのタイプの軽自動車です。

 

したがって、高い実用性はもちろんのこと、それ以外の性能の面でも高いレベルの車種が揃っていますので、選択肢の幅は広がっています。

 

 

 

ハイルーフタイプの代表車種

 

  • スズキ/ワゴンR、ワゴンRスティングレー、MRワゴン
  •  

  • ダイハツ/ムーヴ、ムーヴカスタム、ムーヴコンテ、ムーヴコンテカスタム
  •  

  • ホンダ/ライフ
  •  

  • 三菱/i
  •  

  • 日産/モコ
  •  

  • マツダ/フレア、フレアカスタムスタイル
  •  

  • スバル/ステラ、ステラカスタム

 

など


 
トップページ